スポンサードリンク

コラーゲンを食べたり飲んでも意味がない?効果なし?


コラーゲンを摂取しても、肌に意味がないと聞きましたが?


摂取したコラーゲンは、アミノ酸の一種などに分解されて、
コラーゲンとして体内に摂取されないため。
普通に食事をするだけで、コラーゲンは十分補給できます。

皮膚の張りを保ち美肌効果がある、関節の痛みを改善すると言われているコラーゲン。
「サプリメント、ドリンク、鍋、ゼリー」など様々な製品に使用されています。
 スポンサードリンク
このコラーゲン、実はタンパク質の一種。
皮膚以外にも、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成しています。

コラーゲンの実物は、プルプルしたゼリーのようなものではなく、
弾力性のある繊維状になった物質です。
人の肌の中で、コラーゲンの繊維はネット状に張り巡らせることで表皮を支え、
弾力のあるクッションとなっています。

コラーゲンが足りなくなると表皮を支えられなくなるため皮膚が陥没し、
それが「シワ」になります。

しかし、実はコラーゲンを摂取しても、コラーゲンのまま体内に入っていくことはなく、体内のコラーゲンが増えるわけではありません。

そのままコラーゲンとして吸収されないので、
つまり、効果がないそうです。

摂取したコラーゲンは、体内で消化酵素によって分解され、
他のタンパク質と同じく、全てアミノ酸になってしまいます。
胃に入ってしまえば、コラーゲンではなくなるということです。
そのため食べたコラーゲンが直接肌に補給されることはありえないとされています。

厚生労働省の公式報告書でも、有効性を疑問視しているようなので、
コラーゲンにあまり期待をしないほうがいいでしょう。
ただし、分解されてできたペプチドが、皮膚の再生を促進する働きがあるという研究結果はあるようです。

コラーゲン配合の化粧品については、皮膚にコラーゲンが浸透することはなく、
「肌表面を潤わせる保湿剤」として使用されているだけとのこと。
コラーゲン食品を食べると、「お肌がプルプルした気がする」といった現象は、
お鍋などで吸収した水分で一時的に肌が潤った状態になるためだそうです。

【コラーゲンを作るには?】
肌のコラーゲンは、普段の食事により、再び体内で作られます。
コラーゲンの原料となるアミノ酸は、ご飯、魚、肉などほぼ全ての食べ物に含まれるので、タンパク質を食事で摂取すれば、コラーゲンの補給は十分だそうです。

関連リンク:
 コラーゲン - Wikipedia
コメント
コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック
トップページへ

お知らせ

管理人:メモル
調べたことなどを、わかりやすくまとめて行きます。
ブログ概要はこちら。
相互リンクは随時募集中ですが、申し込み方法を確認して下さい。

スポンサードリンク

検索フォーム


最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: