スポンサードリンク

津波てんでんこの意味とは?


防災教育で「津波てんでんこ」という言葉があるのですが?


津波が来た時は、肉親にも構わず一人でも高台へと逃げろという言葉。

津波てんでんこ とは、
日本の東北地方の三陸海岸地域で、津波防災の教えとして言い伝えられている言葉です。
「てんでんこ」とは「てんでんばらばら」という意味。
 スポンサードリンク
「津波が来たら、親や兄弟にも構わず、各自ばらばらに一人で高台へと逃げろ。
そうすれば一家全滅は逃れることができる」
が本来の意味だそうです。

つまりは「自分の命は、自分の責任で守れ」とのこと。
津波は到達速度が速いため、肉親などに構っていると逃げ遅れて共倒れになって逃げ切れないほど危険だとという、津波から避難することの難しさを示しています。

また、自分自身は逃げて助かったのに、他人を助けられなかったとしても、
それを非難しないという意味も含まれているようです。
「命てんでんこ」という言葉もあります。

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による津波では、
この言葉を知っていた岩手県釜石市立釜石東中学校の生徒たちは、教師からの指示も待たずに、地震後に高台へと避難。
その結果、校舎が津波に飲み込まれたにも関わらず、登校者全員が無事だったという例があるようです。

関連リンク:
津波てんでんこ - Wikipedia
三陸 - Wikipedia
三陸海岸 - Wikipedia
東北地方太平洋沖地震 - Wikipedia
コメント
コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック
トップページへ

お知らせ

管理人:メモル
調べたことなどを、わかりやすくまとめて行きます。
ブログ概要はこちら。
相互リンクは随時募集中ですが、申し込み方法を確認して下さい。

スポンサードリンク

検索フォーム


最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: