スポンサードリンク

携帯電話・スマホの本体や電池が熱くなるのは?


携帯本体や電池部分などが熱くなり心配ですが大丈夫?


部品に電気が流れるため熱を持つが、安全上問題なし。
電池パックも発熱しない。

携帯端末には、電気信号を電波に変換して送信してくれる部品があります。
この部品が、通信をするなど使用することにより、熱を持ち本体が温かくなります。
ですが、安全に使用できるとのこと。
 スポンサードリンク

なぜ発熱するかというと、電気回路に電気(電流)が流れるためです。
電流が多いほど発熱するので、通信中や操作中に本体が熱くなりやすいのはこのため。
充電中に充電器が熱くなるのも、同じ理由からです。

電気を電磁波(電波)に変えるパワーモジュールという部品は、最も熱を出します。
入れた電気の半分が電波として出て行き、流れる電気の半分以上が熱となる程です。


【電池パックの発熱について】
また、よく電池が熱くなると思われがちですが、
通常は電池パック自体はほとんど発熱しません。

上記のパワーモジュールなどの発熱しやすい部品が、
電池パックの近くに配置されているため、電池が発熱しているように感じるようです。

携帯電話 - Wikipedia
スマートフォン - Wikipedia
コメント
コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック
トップページへ

お知らせ

管理人:メモル
調べたことなどを、わかりやすくまとめて行きます。
ブログ概要はこちら。
相互リンクは随時募集中ですが、申し込み方法を確認して下さい。

スポンサードリンク

検索フォーム


最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: