スポンサードリンク

ペットショップで売れ残った犬や猫のその後は?


ペットショップの犬猫などは売れ残ったらどうなるの?


販売価格を安くする、またはお店で飼う。


ホームセンターなどでもよく見かけるペットショップ。
あのかわいらしい犬や猫は、基本的に3か月程度で売れていくそうです。
また、3か月を過ぎると大幅な値下げをショップでも行うようです。

ですが、もし売れ残ったらどうなってしまうのでしょうか?

まず統計として、平均で約6%程度のペットが売れ残るという情報があります。
そして噂では、売れ残りは保健所に持っていくことや殺処分されているなど聞きますが、
これはまず、悪質なブリーダーやショップで無ければ行わないとのこと。


「都市伝説」(※まず行われない行為)
・殺処分
・動物実験
・保健所行き


なぜなら、必要経費として、
「仕入代+エサ代+ワクチン代+維持費」などが経費として発生しているため、
少しでも利益になることをするからです。
(エサ代は、メーカーからのサンプルなどでも十分に補えるとのこと。)

無料になる可能性があっても、
里親を探して上手くいけばトリマーなどで常連さん化してもらい、
または格安でも販売したほうが売上が上がるからです。
まとめると、以下のようにして飼い主が決まるようです。


・大幅な値下げして販売される。
・里親を探す。
・ブリーダーへ繁殖用として返品される場合がある。
・最終的にお店またはスタッフが飼う。


ほぼ上記の内容で、飼われているので安心して良いようです。

関連リンク:
ペット - Wikipedia
 スポンサードリンク
コメント
コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック
トップページへ

お知らせ

管理人:メモル
調べたことなどを、わかりやすくまとめて行きます。
ブログ概要はこちら。
相互リンクは随時募集中ですが、申し込み方法を確認して下さい。

スポンサードリンク

検索フォーム


最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: