スポンサードリンク

desktop.iniの役割とは?削除していいのか?


「desktop.ini」というファイルをWindowsで見つけたのですが?


フォルダに関する追加情報が保存されているファイル。削除しても復活する。


拡張子「.ini」ファイルは、イニファイルと呼ばれます。
この種類のファイルは、フォルダなどの設定に関する情報を保存するためのファイルです。

例えばフォルダのアイコンをカスタマイズしたときに、
それに関する追加情報が保存されるファイルが「desktop.ini」。
普段は隠しファイルになっています。

以下のような内容が記載されています。

[.ShellClassInfo]
IconResource=C:\Windows\system32\SHELL32.dll,1
[LocalizedFileNames]
Windows Explorer.lnk=@%SystemRoot%\system32\shell32.dll,-33388
[ViewState]
Mode=
Vid=
FolderType=Generic


・IconResource=~の部分が、フォルダアイコンの設定部分。
・[LocalizedFileNames]は、フォルダの名前。


誤って削除した場合、最新のOSだと再起動すれば復活するので、
もう一度フォルダ設定をし直せばよいでしょう。

Windows XP以降であれば特に問題ありませんが、
desktop.iniファイルを削除したり、内容を変更したりしてしまうと、
動作が不安定になったり、正常に起動しなくなる可能性があるのでご注意を。

「Desktop.ini」を非表示にするには、
1.「マイドキュメント」など任意のフォルダを開き、
 [ツール]メニューから[フォルダオプション]を選択。

2.[フォルダオプション]画面が開きます。
 [表示]タブをクリック。

3.[詳細設定]の一覧から
 [保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)]にチェック。

4.[OK]ボタンをクリック。


関連リンク:
Microsoft Windows - Microsoft Windows
Microsoft Windows - ウィキペディア
 スポンサードリンク
コメント
コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック
トップページへ

お知らせ

管理人:メモル
調べたことなどを、わかりやすくまとめて行きます。
ブログ概要はこちら。
相互リンクは随時募集中ですが、申し込み方法を確認して下さい。

スポンサードリンク

検索フォーム


最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: